メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

検索
トップ (メニュー)  >  学連とは

本連盟について


  1. 関東学生アーチェリー連盟とは

     関東学生アーチェリー連盟とは、関東圏にある大学のアーチェリークラブが 集まって結成された団体である。その目的は競技運営上の業務を行うこと、および関東の大学アーチェリーを振興することである。運営に携わる役員は所属クラブの中より選ばれ、ほぼ学生のみによって運営されている。
  2. 関東学生アーチェリー連盟の歩み

     学生スポーツとしてのアーチェリーの黎明は戦後いくつかの大学でクラブが結成されたことに見られる。関東学生アーチェリー連盟の創設は学生アーチェリーの草創期と軌を一つにし、1959年(昭和34年)に東京教育大学(現・筑波大学)、日本体育大学、学習院大学、玉川大学の4校が中心となって日本学生アーチェリー連盟を結成した事に始まる。1961年(昭和36年)には関西学生アーチェリー連盟の発足と共に関東学生アーチェリー連盟と改称、以後は関東地区における学生アーチェリーの普及と発展に尽力し、加盟校46校、連盟員1340名を数えるまでに成長した。

  3. 日本アーチェリー界における位置付け



  4. 主催試合

  • インドア大会

    東京都アーチェリー協会との共催で行われるインドア(18m)競技。

  • リーグ戦

    春に開かれる大学どうしのショートハーフ(50m,30m)の男子ベスト6、女子ベスト4で競われ、1〜4部A,Bに分かれている。この試合の1部各ブロック優勝校・準優勝校が王座決定戦に出場。

  • フィールド大会

    はなのやまフィールドアーチェリー場で開かれるフィールド競技。インカレフィールドの予選。

  • フロンティアカップ

    70mの個人およびチーム戦、オリンピックラウンドを使用。

  • 個人選手権大会

    夏の個人選の予選はショートハーフ、本選はシングル。インカレ個人選大会の予選。

  • オールラウンド

    シングルラウンドの試合 (男子90、70、50、30m 女子70、60、50、30mの各36射 計144射)

  • 新人戦

    関東学連に加盟した1回生のための試合。経験者の部と初心者の部に分かれて行われる。

  • さよなら射会

    引退した4年生(短大は2年生)のための試合。ショートハーフで行われる。



Copyright 2001-2006 Kanto Student Archery Federation