選手サインの解釈について

投稿日時 2009-01-18 02:01:38 | カテゴリ: 加盟校の皆様へ

2008年12月に行われたインドア個人選手権大会の試合後に、選手サインの解釈について大きな問題が生じました。改正後の競技規則によりますと、309条16項(得点記録)「・・・スコアカードにサインすることは、競技者が合計点、10点数、9点数に同意したことを意味する。・・・」と規定されておりますが、全日本アーチェリー連盟の方にお聞きしたところ、これは「あくまでもその記録で順位づけをしてよい」という規定であって、実際の選手サインの保護範囲は従来通り素点のみとなり、合計点が間違っていた場合は試合後であっても直すことが可能だそうです。

以降の試合でも選手サインはそのように解釈いたしますので、ご注意ください。




関東学生アーチェリー連盟にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://ksaf.tsukaeru.info

このニュース記事が掲載されているURL:
http://ksaf.tsukaeru.info/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=254